コンタクトレンズの正しい使い方
〜 おしゃれ用カラーコンタク トレンズは医療機器です 〜

1. カラコンのおしゃれ・・・ ちょっと気をつけて!
大きな瞳やブルーの瞳。 コンタクトレンズを付けるだけで好き な瞳に変えることができるなんて素敵ですネ。 でも、良いことばかりではありません。 新聞やテレビなどで報道されているように、 誤った使用方法などから角膜潰瘍 (かいよう) や角膜炎になるなどの健康上のトラブルが発生しています。
おしゃれ用カラーコンタクトレンズは、視力補正用コンタクトレンズなどと同様 に、「高度管理医療機器」1) として、品質や安全性を確保するため薬事法で様々な規制が設けられています。
コンタクトレンズによる健康被害を防止するためには、こうした規制による品質の確保に加え、使用する人が目に入れて使用するというリスクを理解し、正しい使用方法を守ることが大切です。
イメージ
1) 「高度管理医療機器」・・・人の生命や健康に与える影饗が大きく、適切な管理が必要なものとして厚生労働大臣が指定する医療機器。コンタクトレンズのほか、人工呼吸器や心臓ペースメーカーなどがあり、製造・販売等するために薬事法の許可が必要になります。

2. コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズは、 使用目的により大きく次の3種類に分けられます。
形 状 種 類 目 的 規制状況
形状1 視力補正用
コンタクトレンズ
近視、遠視、乱視などの
視力補正に使用
高度管理医療機器として
薬事法で規制
治療用
コンタクトレンズ
眼の保護や角膜の矯正など、
特別な治療に使用
形状2 非視力補正用色付き
コンタクトレンズ
(おしゃれ用
カラーコンタクトレンズ)
視力補正機能がなく、
瞳の色を変える
おしゃれのために使用
以前は未規制でしたが、
平成21年11月4日以降、
高度管理医療機器として
薬事法で規制

3. コンタクトレンズの一般的な注意事項
どの種類のコンタクトレンズも、 使用上の注意事項はほとんど同じです。 以下は、コンタクトレンズの一般的な注意事項です。
(1) 使用期限や装用時間を守って使用しましょう 。
(2) コンタクトレンズが必要なとき以外はなるべくはずしましょう。
(3) 洗浄や消毒など、レンズに合ったケアを行いましょう。
(4) 異常を感じたときにはすぐに使用を中止し、眼科を受診しましょう。
    症状がない場合でも、定期的に眼科を受診しましょう。

4. おしゃれ用カラーコンタク トレンズの使用上の注意
おしゃれ用カラーコンタクトレンズを使う時には、 加えて次のことにも注意をする必要があります。
(1) 添付文書をよく読み、目に異常がないか確認して使用しましょう 。
おしゃれ用カラーコンタクトレンズは視力の補正を目的としていないため、使用者の99%が、購入時に眼科を受診していないという調査結果 2) があります。 その ため、眼科医による事前の検査やコンタクトレンズ使用方法についての適切な説明を受けずに使用するケースが多く、角膜の傷など眼の障害に気づかずレンズを使用 し、症状を悪化させてしまうこともありました。
使用する方は、安全に使用するために、添付文書等の使用方法や使用上の注意事項をよく読み、目に異物感やかゆみなどの異常がないか十分確認しましょう。使用前やレンズ装着中に目に異常を感じたら、速やかに眼科医に相談してください。
2) 「視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズに関する調査報告書」平成20年7月
  独立行政法人製品評価技術基盤機構 (NITE) : http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs080710.html
(2) レンズの貸 し借りはやめましょう 。
< コンタクトレンズの誤った使用による眼の障害 >
ファッション感覚で、安易におしゃれ用カラーコンタクトレンズの貸し借りをすると、結膜炎など目の病気が感染するおそれがあります。仲の良い友達同士でも絶対にやめましょう。 障害1障害2
(3) 夜間に運転する際には、レンズをはずしましょう 。

おしゃれ用カラーコンタクトレンズは、瞳の色を変える目的でレンズが濃く着色さ れているため、夜間や暗い場所では視界が暗くなることがあります。夜間にレンズを 装用 したまま自動車等を運転することは大変危険です。運転する時は、必ずレンズを はずしてください。


5. コンタクトレンズを安全に使用するために イメージ

コンタクトレンズは、 その機能性やファッション性から、私たちの生活に深く浸透しつつあります。しかし、使い方を誤ると深刻な目の障害や事故などを起こしかねません。使用する方は、大切な目の健康を損なわないよう、これらの注意を守って正しく使いましょう。


参考 WEB サイト
<厚生労働省ホームぺージ> おしゃれ用カラーコンタクトレンズについて
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/colorcontact/index.html

東京都康安全研究センター広域監視部医療機器監視課販売監視係
( TEL : 03-5320-4578 )

Privacy & Copyright © カラコンチャンネル All Rights Reserved.